特集記事「138゜E」村田蓮爾インタビュー

「138゜E ワンスリーエイト・イー」

イラストレーター村田蓮爾が監修したビジュアル・ショーケース「138゜E」が発売された。独自の画風を持つ作家たちが、カラー漫画や大判イラストレーション、モノクロ漫画を執筆し、自由にその才能を発揮する企画本だ。イラストや漫画の世界で、作家の個性をそのまま出すプロジェクトはなかなか存在しないが、「138゜E」は、編集にイラストレーターが加わることで、作家の目から見た絵の面白さを追求し、冒険を重ねようという野心的な試みだ。絵を描く人にとって、また絵を本当に楽しみたいという人にとって、このような企画は重要ではないだろうか。今回は、監修者の村田蓮爾と、編集長の福嶋里味にインタビューし、「138゜E」がどのように企画されたのか、その実現にどういう道筋があったのかを探り、本プロジェクトの魅力に迫る。

公式HP http://138e.blogspot.jp/

※このインタビューは2013年3月に公開されたものです

 

◆「138゜E」企画の成り立ち

 

――最初に、「138゜E」の企画の成り立ちから聞かせてください。もともと「robot」というカラーコミックアンソロジーを刊行されてましたよね。「138゜E」はその延長線上にあるのでしょうか。
村田 そうですね。以前出していた「robot」をいったん止めて、もうちょっとライトな方向で…『GELATIN』や、『ゆきひめ』のような「ひめシリーズ」を出していたんです。それとは別に、ラインを分けていつもの「robot」シリーズというか、もっと渋い方向で作ろうよという話をしていたんです。それで、そういった企画で依頼する作家さんは、原稿の上がりが遅くなってしまうことが多いので、年一くらいでガンッと豪華な本を作るか、もしくはもっと軽い方向……ペーパーバックみたいにして、月刊みたいな形でやるか…。色々と紆余曲折したんですけど、とりあえず一号目はこういう形で出すことになりました。コンセプトに関しては、あまり決め込まないで進めています。装丁や書籍の形態も毎回変えていこうよ、みたいな感じではありますね。だから基本的には作家さんも読みきりで毎号毎号、いろんな方に登場いただければと思っています。
──「138゜E」をはじめる時に、村田さんと編集の福嶋さんで、こういう内容にしようと話し合うんでしょうか? 作家が企画立案に加わるのは、ある意味珍しいですよね。
福嶋 そうですね、村田さんが責任編集という形の書籍が「robot」だったんです。それは無くしたけど、そのラインは保ちたいと考えていました。いま思えば、「robot」は内容をすごく限定しているというか、「カラー漫画じゃないといけない」という基準で作っていたんですよね。だから、次はもっと自由度のあるもの、色々な表現ができるものにしようと思って、イラストも入れるし漫画も入れるという内容になりました。
村田 やっぱり何号も作っていると、知らず知らずのうちにフォーマットが出来ちゃうんですよ。それに乗っかった方が進めやすいですし。でも、そうなるとルーチンワークっぽくなってきちゃって、逆にフォーマットに首を絞められることもある…。そういう反省点もありました。ただ、こういうショーケース的な媒体…、それを作りたいという気持ちはあって、他のところでは作ってくれないだろうから、やはり自分で作るしかないな、と思ったんです。ある種の文化事業じゃないですけど、商業性が高くなくても、面白い作品を作る人の仕事を残していければと思って。
──興味深い試みですね。参加してもらう作家さんは、「絵に魅力がある」というポイントでお誘いするのでしょうか。
村田 やっぱり絵に力がある人に描いてもらいたいですよね。
福嶋 そうですね。漫画でもイラストでもどちらでも、作品力がある人に。
──絵が見せ場になるというと豪華な感じですし、「138゜E」は「robot」の時よりも大判で厚い。特別な媒体という印象を受けます。
福嶋 でも、豪華本にしようと考えていた当初は、もっとボリュームがあって値段も高くて装丁もすごい企画だったんです。
──むしろ、最初に村田さんが責任編集をした「flat」のようなものですか?
村田 そうですね。もう1万円くらいにしようって(笑)。年1回の刊行でやるからお祭りにしようと考えたりしていました。でも、それはすごく読者も限定されるし、うっかり手に取れない本になるじゃないですか。それもどうかなと思って。だからそれよりは値段も安くしたんです。1号目はこういう装丁にしましたけど、2号目は違う感じになるかもしれませんし、いろいろ考えていきたいと思います。
福嶋 そうですね。もっと値段を下げても良いですし。
村田 ページを薄くした号を出してもいいし、もっと分厚いのを出してもいいと思っています。
──なるほど。いろんな方向性に挑戦する感じですね。

 

138E

1 2 3 4 5 6