特集記事寺田克也ココ10年展 インタビュー

 2013年、寺田克也の本邦初となる展覧会が、京都国際マンガミュージアムで開催された。日本を代表するイラストレーターであり、マンガ家としても活躍する寺田の手掛けた仕事は、雑誌や書籍の装丁画や、ゲーム、映画・テレビの設定画など、膨大な量に上る。この展覧会では、その中から“ココ10年”に描かれた作品を展示。緻密な描き込みの迫力を体感できるデジタル画の大判出力、自由自在かつダイナミックな筆致をじっくり堪能できる肉筆原画など、計300点以上が並ぶ必見と言うべき大充実の内容である。そんな本展の内覧会には、寺田克也と旧知の仲である漫画家の多田由美と皇なつきも来場。大迫力の展示を楽しんだというお二人をまじえ、「寺田克也ココ10年展」の魅力をお三方にうかがった。

 

――展覧会というと、普通は額に絵を飾る形ですよね。でも、『寺田克也 ココ10年展』はそうではなく、ダイナミックな展示方法に驚きました。襖に拡大した絵を貼る展示方法は、どういう風に決まったんですか?
寺田 伊藤ガビンさんに、展示の相談をさせてもらったんですよ。で、「これはもうちゃんとやりましょうよ」という話になって。アートスタジオを主宰している有元利彦さんも企画に参加してくれました。最初の打ち合わせで、ハンバーガーを食いながら俺が「額に飾っておとなしくやるのはイヤだ」って言ったんです。出来るだけ大きく見せて、しかも綺麗に見せるというよりは、ただもう大量に絵を味わえる……そういう展示がしたくて。むしろもう、倉庫に見える感じでもかまわない。それをうけて有元さんが「京都だし、襖がいいんじゃないですか」って、案を出してくれたんです。
――なるほど。いろんな人の意見で決まっていったんですね。
寺田 でもその時点では、有元さんもここまでの事は考えてなかったみたいです。とりあえず、襖という形はアリだねと話をしたんだけど。実際に絵を貼り込んで、設営の日に襖が立っている状態を皆で見たんですけど、その時に、「ぜんぜん思ったのと違う!」と感じました。もっと普通に襖が立っているだけだと想像していたんですが、すごく風景化するというか…一つの景色になっているんですよね。奥行きがあるから絵と絵が重なっていて、そういうのが、想像を超えた面白さになっていた。もう大正解でしたね。

 

kaijyo

寺田克也 ココ10年展 会場の様子

 

――絵を見る楽しさがすごくありますよね。
寺田 もともと俺の絵はエンターテイメントなので、絵を見て何かを感じてもらうというよりも、面白ければいいと思っているんです。そういう目的にはすごく適っているんじゃないかと思う。展示自体も覗き込んだり、自分からアプローチすることができるので、かなり面白いものになりましたよね。と、思うんですけど。どうでしたか?
多田 面白かったですよ! 裏面もあるから、一周まわっただけでは見切れなくて…。
寺田 見逃した感じがね。
多田 絶対見てないのがまだあると思う。
寺田 一応タブロイド(展示パンフレット)に全部、展示した絵のコメントを入れているので、これを帰り道にでも見つつ、「これ見てない!」って発見してください(笑)。
多田 帰り道って、それじゃだめじゃないですか(笑)。

 

tab_0

配布されたタブロイド紙

 

――絵の大きさについてはどうですか? なかなかこんな大きさで絵を見ることはないですよね。
  これぐらいの出力に耐え得るようなサイズで描いているわけですよね?
寺田 そうそう、昔からね。Macで描き始めた頃からサイズ問題があって。「大きく出力しても耐えられるサイズってどの程度ですか?」と聞いたことがあるんです。そしたら、「4000ピクセル以上で作っておけば、だいたい対応できる」って。仕事で試しながらやっていて、確かに4000あれば少々大きくしてもドットが見えないんですよ。最近はマシンパワーが上がっているから、さらにピクセル数をあげて6000とか。『猫とドラゴン』とかは最初から大きくするつもりだったから、もう10000超えてますよ。横はね。でも下絵は鉛筆で描いているし、スケールサイズというのはあって…やっぱり拡大しているなという印象はもちろんあるんだけど。
  こんなに大きくしても全然遜色ないのがすごいですよ。
寺田 意外とどの絵もそうだけど、細かい所でバランスを取っている絵って、拡大してもそのバランスは崩れない。それに、大きくすると線のボソボソが面白かったり、そういう感じはあるよね。アラもどんどん目立つんだけどさ。
――筆跡が見えているのが面白いですよね。「こんな感じで塗ってるんだ」というのが感じられて。
寺田 俺、30インチのモニターで描いてるんですよ。で、その30インチで拡大しながら描くでしょ。全体を見ながら塗るときもあるけど、細部を描く時は拡大しますよね。30インチに拡大して細かい所を塗っている時って、全体がこのくらいのサイズになるんです。だから、意外とこれが原画サイズと言っていいのかも。

 

kakudai

拡大してみるとCGだが筆のタッチが見えて臨場感がある。

――なるほど。実際このくらいのサイズ感で見ている時があるんですね。描いている最中は。
寺田 そうなんです。まぁ、あくまでも拡大ですけどね。どうしてもタッチは出ちゃうから。そこもまた、面白いかなと。つまり、まる出しですよ。

 

1 2 3 4